徹底的に遊ぶなら人妻風俗店

楽しみはやっぱり風俗が圧倒的

風俗の楽しさと言うのは、ある意味では圧倒的だなって思います。本能を満たすという点で、他のジャンルを圧倒しているのも当然なのかなとは思いますけど、その中でも自分が何よりも大好きなのはソープですね。ソープの良さはいろいろとありますけど、結局男としての本能を心行くまで満たすことが出来るのはソープだけなんじゃないかなと思うんですよ。他の風俗も気持ち良いのは間違いないんですけど、男としての本能というか、手や口ではなくて女体そのものを求めたくなってしまうものなんですよね。あの気持ちと言うのはしばし自分でさえコントロール出来なくなってしまいますけど、ソープであればそもそもそういった心配をする必要もないんです。心行くまで楽しめるのがソープだし、そもそもそれが当たり前なので、そこで妙な駆け引きをするようなこともないじゃないですか。こうして考えると、ソープは本当に男のためのサービスだなってことに気付かされるんですよね。

納得するのは女の子だけじゃない

納得出来る風俗になるのかどうかは、女の子次第じゃないんです。自分次第なんです。これに最近気付いてきましたね。風俗嬢はこちらに対して奉仕しようとしてくれているのは間違いないんです。細かい話をすればテクニックとかスタイル、顔など違いはありますけど、男を満足させようという気持ちはどの風俗嬢も持っているものなんです。じゃあなんで快感がそれぞれ微妙に異なるのかと言えば、決して難しい話ではないんです。その答えは、風俗嬢が何をするのか分かっているのか、あるいは模索するのかの違いです。相手の女の子に「自分はこんなプレイが好きだ」と伝えておけば、女の子はその通りにしてくれますよ(笑)これは間違いないです。でも相手から何も言われていない場合は、とりあえず自分なりのスタイルで始めなければならないんです。それがお客の理想なのかどうかは分からないですよね。それで「理想と違った」と風俗嬢を攻めるのは酷なので、まずは告げるべきですよ。